HOME>ホットトピックス>いつまでも安心して暮らせる家にするために

大したことないと考えていると

雨漏りと聞くと、天井からポタポタと雨水が垂れてくる光景を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。古い学校や建物ではそのような光景をよく目にし、バケツで垂れる雨水を受けていたことを思い出す方もいるかもしれません。しかし、雨漏りは分かりやすく雨水が垂れてくるだけでなく、もう少し分かりにくく怒っている場合もあります。自宅の天井や押入れ、壁などにシミのようなものがあるというお宅は、もうすでに雨漏りが進行してしまっている可能性があります。家の中で雨漏りによるシミが発見されたということは、すでに屋根や壁から雨水が家の中まで染み込んでしまっている状態だと言えます。これらをそのまま放っておくと、家が朽ちてしまう事はもちろんのこと、電気系統に障害が出たり、カビなどが発生して人体に影響を及ぼしてしまったりしてしまいます。

早めの対処が大切

雨漏りの可能性があるシミを家で発見したら、なによりも早めに対処することが大切になってきます。自分でできる対処としては、雨が染み込んでいると思われる場所をブルーシートなどで覆い、雨水の侵入を防ぐことです。これで新たな雨水の侵入は防ぐことができますが、根本的な解決にはならないので、外壁や屋根の修理を専門の業者に依頼しましょう。

どの業者を選ぶべきか

雨漏りの該当箇所によって修理を依頼する業者が変わってきますが、まずはいろいろな業者に相談して見積もりを取るのが良いでしょう。その中で、修理箇所の保証や雨漏りの専門資格を所持しているという業者を選べば安心ではないでしょうか。

広告募集中